ナノユニバースでオシャレに決める|メンズファッション特集

サイズの合ったスーツ

男の人

現在のオーダーでの取り組みとは

オーダースーツは既製のスーツと異なり、各パーツのサイズを個々人に合わせることができるため、より個人にフィットした仕上がりにすることができるのが魅力的です。しかしその分、大量生産と逆の手法であるためコストがかかり、一着当たり数十万円するのがこれまでの相場でした。そのため、オーダースーツを利用できるひとは限られていたのです。現在ではこのコストを下げる取り組みが多く行われ、より低価格でのオーダーの仕組みがトレンドになってきています。例えば、いくつかの仕上がりパターンからオーダーするパターンオーダーという方法があります。胴回り・肩幅などのサイズをいくつかのパターンから選ぶという仕組みで、すべてをカスタマイズする方法よりもリーズナブルなオーダー方法となっています。

スーツをオーダーする方法

オーダースーツを手掛けている店舗に連絡し、予約を取ってから訪問するのが、主流のオーダー方法です。これであれば店舗のスタッフも前もって時間を用意できるため、オーダーで重要なヒアリングの時間をたっぷりとることができます。話し合いを時間をかけて行いますので、スーツの仕上がりも十分納得いくものにできるでしょう。オーダースーツを依頼したいが、仕上がりイメージがなかなか浮かばないという方は、仕上がりまで含めすべて店舗スタッフに相談するというのも一つの手です。スタッフは多くの顧客を見ているため、どの人にどのような仕上がりのスーツが適しているか判断力があります。自分自身に合うスーツはどのようなものなのか迷ったとき、相談すると良い回答を出してくれるでしょう。